商家町佐原全体が「ひとつのホテル」
600年の歴史に滞在する

佐原商家町ホテル NIPPONIAは、佐原の町をゆるやかにひとつのホテルと見立て、 築100年超の商家を含む3つの棟が町に点在する宿泊施設です。
時を重ねた歴史ある客室での滞在や、関東一の食の産地千葉の味覚を愉しむ本格フレンチ、 近隣の銘店や店舗と連携した街歩きなど、 佐原の歴史に溶け込むように泊まる新しいスタイルの宿泊体験をご提供しています。

重要伝統的建造物群保存地区

商家町 佐原

佐原の町は、日本三大神宮、下総国一宮と称される香取神宮領内の農村集落でしたが、約600年前から小野川沿いに宿場町や商業都市が形成されていきました。江戸時代になると徳川家康の命により利根川の大規模な瀬替えが行われ、小野川が利根川と繋がったため、佐原は東北と江戸を繋ぐ舟運の拠点として大いに発展しました。卸売業や醸造業が多かったことから、大型で妻入り寄棟瓦葺きの建物が多く残っており、蛇行して流れる小野川沿いの水郷商都が重伝建地区に選定されています。

「お江戸見たけりゃ佐原へござれ
佐原本町江戸優り」

江戸後期から明治前期にかけて佐原の町は最も発展しました。 『日本国中、正月の元日から商売の出来るのは、伊勢の山田と下総の佐原である』と謳われ、全国から商人が集まり、往来する舟や人は昼夜を問わず止むことはなかったと言われています。 全国を歩いて測量し、正確な日本地図を作成した伊能忠敬を輩出するなど、文化の面でも江戸に匹敵する発展を遂げました。 時代の流れの中で東京は江戸の姿を失いましたが、佐原には今もその町並みや文化が残っています。江戸時代から続く佐原の大祭はユネスコ世界無形文化遺産に登録されています。

豊かな水源と肥沃な土壌で
江戸を支えた関東一の食料庫

三方を海で囲まれ、温暖な気候と豊かな土壌をもつ千葉は、新鮮な海産物・農産物に恵まれています。農業生産額は全国4位を誇り、様々な農林水産物の主要産地となっております。また醤油や酒の醸造業も盛んで、江戸時代中期には町中に35軒もの造り酒屋が立ち並んでいました。

観光マップ

ダウンロード

メディア掲載一覧

詳細はこちら

NIPPONIA

その土地の文化・歴史にとけこむ新しい旅の体験

NIPPONIAとは、各地に点在して残されている古民家を、 その歴史性を尊重しながらリノベーションを行い、 その土地の文化や歴史を実感できる施設として再生していく取組みです。

NIPPONIA特設サイト